便秘に腹筋運動と「の」の字マッサージ

つらいつらい便秘。
みなさんは毎日、排便がありますか?
排便をしっかりすっきりしていないと、他の症状が出ることがあります。
例えば、腹がはる、張って痛む、みぞおちがつかえる、ガスがたまりオナラがでる、食欲が落ちる。
そして女性には大敵の「肌荒れ」です。
他にイライラするのが、頭痛やめまい、落ち着いて眠れない、イライラしてじっとしていられない、目の充血、口内炎、しつこい吹出物など。
あげたらキリがありません。
便秘ひとつで、他の場所にも症状が出ます。
この症状が出ないようにするためにも、便秘を解消しましょう。


便秘の場合は腹筋が弱まっていることが多いようです。
そのため手早いのが腹筋をつけると言うこと。
簡単に言えば腹筋運動すればいいわけです。
全く運動しない人には最初は結構キツイかもしれませんが、慣れると案外回数ができるようになっていきます。
最初は筋肉痛にも悩まされますが、気長に取り組みましょう。
一日20回くらいから始めてみて下さい。
腹筋を鍛えると言うことは、スムーズな排便に繋がるということで、便秘解消の第一歩です。


腹筋が全くできません…


という方には、腹式呼吸もあります。
鼻で息を吸って口から吐くというものです。
深呼吸するように、ゆっくりやるのがコツです。
腹式呼吸も本気でやると腹筋運動と同じくらいの効果がありますので、地味に辛いかもしれませんが、腹筋よりは少しはマシかもしれません。
同じように筋肉痛にもなりますが、筋肉痛になると言うことは、腹筋にきいているということなので、腹筋が鍛えられていくはずです。


他に簡単にできるものとして、お腹を「の」の字に手のひらでマッサージするもの。
腹筋運動や腹式呼吸で筋肉痛になってしまったら、この「の」の字マッサージしてみましょう。
こちらも腸に刺激が加わり排便がしやすくなると言われています。
これは10回ほど行うのが良いようです。
これならお風呂の中でも、トイレの中でも場所を選ばずにできるので、試してみて下さい。
思ったより効きます。


腹筋をつけて快便生活を手に入れましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。