便秘を漢方で治す

驚くことに女性の50%以上が悩んだことがあるといわれる便秘。
女性にとって肌の状態は気持ちをアップさせたり、ダウンさせたりするとも言えるバロメーター。
「肌は内臓の鏡」なんていいますが、便秘が続くと肌荒れやニキビだけでなく、口臭、ゲップ、痔などの原因となったり、大きな病気の引き金にもなりかねないのです。


漢方では便秘をどのように捉えているのでしょうか。
体質に合わせたおすすめ漢方薬や、漢方を使用した際のメリットなどをご紹介したいと思います。

体質や症状によって便秘をタイプ分けしましたが、それぞれの特長に合った漢方薬があるので、代表的なものをいくつか挙げていきます。

熱タイプ
比較的体力があり、のぼせや頭痛が発生するタイプには、血液の滞りを良くする桃仁(とうにん、桃の種子)が入った「桃核承気湯」(とうかくじょうきとう)や、消化管の通りを良くし、気分もスーっとさせる大承気湯(だいじょうきとう)などがオススメで代表的な漢方です。

気滞タイプ
精神的なストレスを受けやすく繊細なタイプの人には、気のめぐりを良くする柴胡(さいこ)という生薬が入った「大柴胡湯」(だいさいことう)や、ホルモンの分泌をよくする「加味逍遙散」(かみしょうようさん)などが良いと思います。

気虚タイプ
子どもの体質改善や、妊娠中でも安心して使用できるのは、下剤成分が入っていない「小建中湯」(しょうけんちゅうとう)です。
消化機能を促進し、胃腸を丈夫にする「補中益気湯」(ほちゅうえっきとう)も気虚タイプには向いていますよ。

血虚タイプ
読んで字のごとく、腸を潤す「潤腸湯」(じゅんちょうとう)や「麻子仁丸」(ましにんがん)などは、コロコロの便が出るような習慣性の便秘や体力のない高齢者、手術後の方にもオススメですね。

寒タイプ
寒タイプはどちらかというと、便秘より下痢をしやすい傾向がありますが、便秘と下痢を繰り返すような人には「桂枝加芍薬湯」(けいしかしゃくやくとう)や「人参湯」(にんじんとう)。身体を温め、胃腸の機能をよくしてくれる働きがあります。


実際には複数の症状が組み合わさっていたり、5つのタイプにきっちりと漢方薬を分けることが出来ないことも多いと思います。
重要なのは、その人の体力・気力を見ながら処方してもらうことだと思います。
病院や漢方専門のところで自分の症状に合ったものを処方してもらうことが一番です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 漢方漢方医学(かんぽういがく)とは伝統的診断法によって、生薬による処方を行い、病を治療する方法、もしくは、その医学大系。これによって処方された生薬による処方を漢方薬と称す。また、漢方には、漢方薬による..
Weblog: 漢方薬の材料
Tracked: 2007-10-23 15:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。